カンジダ症の治療にはラミシールがオススメ

ラシミールは、カンジダ症や白癬菌など、真菌を死滅させる治療薬です。
強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とし、皮膚真菌症の原因となる白癬菌やカンジダの発育を抑えます。
要するに、真菌に対して強い抵抗力を持った薬であり、様々な真菌に対して効果を有するのがラミシールの特徴です。

治療薬としてラミシールにはさまざまなタイプがあり、錠剤、スプレー、クリーム、軟膏といった種類の薬が販売されています。
ラミシールは、アリルアミン系のテルビナフィンという強い抗真菌作用をもった成分を含む抗真菌薬剤です。
カンジダ症は、カンジダ菌という真菌が原因となって引き起こされる疾患なので、この真菌を死滅させる必要があります。
真菌というのが、カビの一種であり、よく知られる水虫の原因である白癬菌も真菌です。

カンジダ症は、軽い皮膚症状だけの状態であれば、塗り薬を患部に塗布することによって改善を見込むことができますが、カンジダ膣炎や口腔カンジダ症、幅広い範囲のカンジダ症などのように、重症化してしまっているケースでは、膣錠や内服薬によって治療することが重要となります。
ラシミールには、外用の軟膏やクリーム、液剤やスプレータイプなどの市販薬が販売されていますが、有効成分の含有量は処方薬よりも少なくなります。
そのため、効果的な治療を行うためには、処方薬の方を使用することがオススメです。

特に、膣錠や内服薬は市販されておらず、医療機関で医師による処方が必要な処方薬です。
カンジダ症の中でもカンジダ膣炎に罹患している場合は、婦人科での膣洗浄とラミシール膣錠を挿入する治療が一般的です。
この場合、カンジダ菌が膣内で増殖しているため、膣洗浄とラミシール膣錠によって膣内のカンジダ菌を駆除する必要があります。

ラシミールには様々なタイプの薬が販売されていますが、どこが感染しているのかによって、有効な治療法も異なります。
症状に合わせて適切な薬を使用することが大切です。

ラミシールはカンジダ症だけではなく水虫にも効く!

ラシミールは、カンジダ症だけではなく、水虫にも効きます。
先にも説明したように、水虫の原因となるのは白癬菌という真菌です。
この真菌が増殖することによって水虫が発生します。
白癬菌は足だけでなく体のあちこちに感染する真菌です。

ラミシールは、白癬菌の増殖を抑えて殺菌する効果を持った薬です。
水虫の原因である白癬菌を殺菌する有効成分はいくつか考えられますが、ラミシールで使用されている有効成分はテルビナフィン塩酸塩です。
水虫の治療の多くにはクリームや軟膏タイプが処方されますが、爪水虫のように塗り薬では効果が薄い場合、内服薬が処方されることもあります。

テルビナフィン塩酸塩は、水虫の正体である真菌(カビの一種)の細胞膜を破壊する作用があります。
ラミシールは1日1回使用することによって、約1週間の間効果を実感することができます。

水虫の原因となる白癬菌やカンジダ症の原因となるガンジダ菌のような真菌に対して絶大な効果を発揮するラミシールですが、副作用がないわけではありません。
代表的な副作用としては次のような副作用があると言われています。

まず、塗り薬タイプのラミシールでは、皮膚が赤くなってしまう、刺激感がある、かゆみが出てしまうなどの副作用が見られる場合があります。
飲み薬タイプのラミシールの場合には、肝障害・肝機能異常等の肝胆道系障害が見られる場合があります。
そのため、ラミシールを使用する場合、肝臓や腎臓の悪い人は慎重に使用する必要があります。
そのほかにも、白血球や血小板が減少する血液障害が見られる場合があります。
副作用といっても重症化するケースは稀なので、少しでも異変を感じた場合には、医師や薬剤師に相談するようにすることが大切です。