カンジダ症を自宅で簡単に検査できるキットがある

ネット通販でキットを注文する女性

性器のかゆみや臭い、おりものの異変に気が付いたらまずは検査を受けて性病の有無をチェックしていくのがおすすめです。
性病の中でも比較的発症率の高いカンジダ症の場合、検査を受けることで迅速に対応することが出来ますし、必要に応じて薬で症状を抑えることも可能です。

ただ、こうした性病の検査は医療機関を受診しなければ受けることが出来ないのではないか、と疑問に思われる人もいるでしょう。
確かに、本格的な検査ともなれば素人が勝手にできるものではありませんし、カンジダかどうかの判断についても素人が目で見てそれを見極めるのは非常に難しいことです。

そこでおすすめとなってくるのが、自宅でも簡単にカンジダの検査ができるキットです。
通販サイトなどで購入することができ、専用の検査容器に対象となる細胞を採取していきます。
この細胞の採取に関しては自分で行う必要がありますが、その手順自体は非常に簡単なので素人であってもさほど心配する必要はありません。

カンジダ症の検査キットの場合、専用の綿棒で膣内の分泌液を採取します。
膣内に綿棒を入れて数回壁面をこするだけ、作業量としてはほんの数秒のことです。
あとは、この採取した細胞を専用の容器に入れて検査機関へ郵送します。

医療機関での検査であれば、医師や看護師と対面して気まずい思いをする可能性が出てきます。
その点、自宅で簡単にできる検査キットであれば、顔を見られる心配もありませんし、プライバシーの面でも安心できます。

検査結果についても、郵送で自宅に送られてくるため周りにもカンジダの存在がバレることなく、その結果を確認できます。
性病はできることなら周りに知られたくない事と感じている人も少なくありません。
そんな病気だからこそ、自分だけが確認できる状況で、誰にもバレることなく検査を受けることができるこの方法がおすすめになります。

医療機関を受診する勇気がない、性病かどうか不安だけれども周りにバレたくない、そんな人こそ、検査キットの利用を検討してみるべきです。

匿名検査ができるのでプライバシーが守られる

自宅でできるカンジダの検査キットの魅力は先に挙げた点だけではありません。
検査キットの中には、住所や名前を知られることなくその結果を受け取れるタイプのものもあります。
もちろん、郵送の場合には住所や氏名を明記する必要がありますが、それ以外の方法、つまりメールでの結果報告であれば完全に匿名で利用することが出来ます。

細かい話を書けば、検査キットの結果が郵送で送られてくる場合、家族や友人と同居していればその存在がバレてしまう可能性があります。
その点、完全匿名で利用することが出来るサービスであればその心配もありません。
プライバシーは完全に守られた状態というわけです。
しかも、メールであれば郵送に比べて短期間でその結果をチェックすることが出来ます。
手間がかからないという点でもメリットとなるわけです。

基本的に、こうした検査キットはその価格の中に検査費用やその他の費用が含まれています。
一度キットを購入すれば、プラスで料金が発生することはほとんどありません。
具体的なキットの金額はそれぞれのケースで異なってくるものの、カンジダ単一の検査というのであれば数千円程度で利用することができます。

その他の性病の検査がセットになったものであればさらに金額が上がっていくこともありますが、それでも1万円を超えることはそうそうないため、費用面でもメリットは大きくなります。

こうしたキットのメリットはその安さと手軽さ、短期間で結果が確認できる事、そして何よりプライバシーが守られているという点です。
逆にデメリットを挙げるとすれば、結果がわかってもそこから直接治療を始めることはできないという点です。
治療となれば、やはり医療機関を受診する必要がありますし、場合にはよっては薬を購入しなければいけません。
デメリットと言えるものではないものの、キットを利用する際にはこうした点をしっかり踏まえておくといいでしょう。