トリコモナス症の症状と原因の解説

トリコモナスは病原虫である膣トリコモナスが原因となって発症する性感染症です。男女で症状が異なり、男性は排尿痛と言った尿道の異常、女性はこれに加えて膣の炎症やおりものの悪臭を引き起こします。女性は男性より感染時の苦痛が大きいことが多く、発症するとすぐに異常に気が付く傾向にあります。

主な症状として現れる排尿痛は尿道の痛みを指し、トイレの使用時などに感じられます。性器の炎症は痛みを伴い、不快感を与えます。おりものの悪臭は鼻につくにおいの為気が付きやすいです。

トリコモナスは性行為が原因で感染が拡大されることがほとんどですが、感染力が高く銭湯やプールと言った公共の場所でも感染することがあります。またタオルの家族との共用によっても感染が拡大する恐れがあります。特に家族に感染者が居ると風呂などから家族全体に病原虫が拡散されるリスクを持っています。

性行為の際にコンドームを着用したり、タオルの共用をやめ風呂場やトイレの清潔をしっかり管理するとトリコモナス感染のリスクを減らすことができます。トリコモナスの治療はメトロニダゾールという成分を含んだフラジールという治療薬が多くの場合は使用されます。完治が確認されるまで服用を続けます。

トリコモナスは再発してしまうリスクがあることでも知られています。このような原因は様々あります。性的関係を持つ複数人で感染をしていた場合、感染の繰り返しがパートナー同士で起こることがあります。これは治療薬などを用いて完治する前にパートナーと性行為を行ってしまうことで発生します。特に男性は症状が軽い傾向にあるため無自覚のままパートナーと性行為をしてしまい、再発させてしまうということがあります。

また、治療薬に耐性のあるトリコモナスに感染してしまうと治療が思うように進行せず、中途半端な状態で治療をやめてしまったり、その真逆に、おりものの臭いの改善など見かけの症状の改善を完治とみなし治療をやめてしまうことも再発の原因となります。病原虫はしぶとく感染者の体に居座るため、万が一体内に病原中が残留していた場合、再び繁殖し再発するリスクがあります。その他にも尿道に病原虫が残留し続けると駆除することができないままになってしまい、完治ができない期間が長引いてしまうこともあります。

トリコモナスの再発は徹底した治療と性行為の制限によって抑制することができます。また、パートナーと病気の状態を共有するなどして感染しているかどうかの線引きを行うことも再発防止に繋がります。